銀座で働いていた163cm.

上京就職・転職を支援(サポート)するハトムネ起業家

【上京サポートでの気づき】反省力の大切さ

上京転職支援をする中で気づいたこと ここ最近、リモート転職を通して転職相談やキャリア相談をする機会が増えた。 たくさんの第二新卒世代の方と話しているうちに気づいたことがある。 それは「反省力」の大切さだ。 反省力の大切さ 例えば、新卒の際に年収…

【自己分析】第二新卒向けのキャリアイベントを開催して見て感じたこと

自分がどんなことをやりたいか、どんな仕事があるのか 先週、15席限定「ぶっちゃけキャリア」〜第二新卒の転職編〜を開催した。 「自分がどんなことを仕事としてやりたいのか」 「世の中にはどんな仕事があるのか」 そんな悩みを持つ人はきっと多いはずだ。 …

こんな人は転職しない方がいい

刺激的なキャッチコピー newspicks.com 先日、「いい会社に就職したね」は一瞬。 「楽しそうに仕事してるね」は一生。 という強烈なキャッチコピーの記事について書いたが、 今回もインパクトのあるタイトルの記事が目に止まった。 転職をせずに現職にとどま…

嫌われる「世の中全て分かっている系」にならないために。

「世の中全て分かっている系」とは 最近、面白い表現に出会った。 「世の中全て分かっている系」という表現だ。 newspicks.com この記事では「世の中全て分かっている系」とは 全てを分かっている”つもり”になっている人であり 自分の得意分野と生きてきた時…

目標は「見える」もの、目的は「見たい」もの 

目標と目的は違う 今回の記事は最近読んだ記事でハッとさせられた記事があった。 目標と目的との違いの記事だ。 thechange.jp 目標は「見える」もの、目的は「見たい」もの 僕自身、入社してまもない頃 会社から与えられた目標を追うことに必死になり 目的を…

【7万PV】リクルート用語だらけの桃太郎を生かせなかった反省と今後について

反省と今後について 今回の記事はリクルート用語だらけの桃太郎の記事を生かせなかった愚かな自分を 恥じるとともに生かせなかった反省と今後についてをまとめた記事だ。 リクルート用語だらけの桃太郎という記事がバズった 昨年の12月25日、僕は「リクルー…

「いい会社に就職したねは一瞬」「楽しそうに仕事してるねは一生」

「いい会社に就職したね」は一瞬。「楽しそうに仕事してるね」は一生。一度きりの人生、どうせだったら”点”ではなく、”線”で楽しみたい。こういった想いを持っている方、こんな相談も受け付けています。 是非お気軽にメッセージをください。

リクルートスタッフィングを退職してリモート転職を始めます

リクルートスタッフィングを卒業してリモート転職を始めます。リモート転職は地方から東京に転職したい第二新卒の若者の転職支援サービスです。

いつか地方でシビレたい

東京にこだわらない働き方とは? 先日、ネットサーフィンをしていると興味のある企業に出会った。 www.sibire.co.jp ”シビレ”というエッジの効いた社名の会社で 「東京」という枠にはまらず働く人を増やし、シビレる人とエリアをつくります。 というHPに掲げ…

真の自己分析の第一歩とは

18卒の就活解禁 3月に入って就職活動が解禁された。 街に溢れる就活生を見るたびに 僕は初めてOB訪問に行った時のことを思い出す。 とてもとても苦い思い出である。 僕の初めてのOB訪問 就活を始めた当初、とりあえず凄そうな企業のOBに会おうと思い 誰もが…

地方出身者は就職で東京に上京するべきだ

東京ってほんまにいいな! 先日、地元である神戸のサッカーチームで一緒だった友人と会った。 彼は今、フリーランスとしてマーケティングの仕事をしている。 新卒で愛知で働いた後、福岡でフリーランスとして独立し 今年の1月から東京に出てきたということだ…

阪神・淡路大震災から22年

阪神・淡路大震災から22年 1995年1月17日午前5時46分 阪神淡路大震災が発生した。 恐らく僕の記憶の中で最も古い記憶だ。 当時3歳だった僕は幼いながらも ”大変なことが起きた”と感じたことを覚えている。 地震が起きた時、僕はとても大きな音に気づき目を覚…

自分の心の小さな声に耳を傾けるということ

僕の両耳を支配した会話 喫茶店で本を読んでリラックスしていた。 そこに40代くらいの花子(仮)と雪子(仮)の2人がやってきた。 僕の両耳は花子と雪子の会話に終始支配される。 花子と雪子はそれぞれ個人事業主としてフリーで働いている。 あまり詳しくは…

【ブログの目的】銀座で働く163cm.

2017年もよろしくお願いします 新年、あけましておめでとうございます。 今回の年末年始は実家である神戸に帰省せず 東京で高校サッカーをひたすら現地観戦するという過ごし方をした。 いつもテレビで見ていた高校サッカーを現地で見れて幸せだった。 初夢も…

もしも織田信長が渋谷のベンチャー企業の社長だったら。

明:信長さん。僕、会社やめます。 もうついていけません。 信:なぜだ光秀。 一緒に天下一を目指そうと約束したではないか。 それにもう上場は目の前だぞ。 こんな時にCTOであるお前が抜けては困る。 明:もう限界なんです。 信:何が限界なんだ? 明:信長…

リクルート用語だらけの桃太郎

むかしむかし、あるところにおじいさんとおばあさんが住んでいました。 おじいさんは上期のキックオフに、おばあさんはオフィス街にビル倒しをしに行きました。 おばあさんがビル倒しをしながら、担当者とよもやまをしていると、 川上から、 「バイトするな…

人生は自己紹介の連続である

シェアハウスでの自己紹介 昨日、偶然にも2つのシェアハウスに訪問した。 どちらのシェアハウスも初めての訪問で 全員初対面だったため 自己紹介をする場面がたくさんあった。 いま、何をされているんですか? 思えば、就職活動を始めて、 社会との接点を多…

人を喜ばせるってめちゃくちゃ楽しい

とあるイベントで出会った学生が主催している TRIGGER2016というビジネスコンテストに行ってきました。 TRIGGER2016とは、大学生のビジネスコンテストで、 約100チームから選ばれたファイナリスト5チームが 優勝賞金である100万円を賭けて、ビジネスプランを…

3年前、僕が絶望から奮起した話

3年前のちょうど今、僕はインターンシップに熱中していた。 あの頃からもう3年経ったと考えると 感慨深かったので、3年前から現在を振り返ろうと思う。 就活落ちた日本死ね 僕は2014年卒と2015年卒で2回就職活動をしている。 2回、就職活動をした理由は 「就…

ビジネスで大切なことは全てメルコンから教えてもらった

メルコンの友人 僕にはメルカリコンサルタント(略してメルコン)の友人がいます。 彼とは学生時代に広告代理店のインターンのような活動の一環で友人になりました。 彼は僕の友人の中で最もぶっとんでいます。 「テレアポが嫌だ」という理由で新卒で入社し…

マンション管理人のおばあさんが大好きなお話

僕を気持ちよくしてくれるおばあさん 突然ですが、 僕は毎朝マンションの管理人のおばあさんと会うことを楽しみにしています。 別におばあさんは何か物をくれるわけではないのですが、 本当に元気の良い『いってらっしゃい』を毎朝くれるのです。 おばあさん…